STEP1 - STEP2: HTML5/CSS3の基礎からレスポンシブのコーディングがハンズオン形式で学べます。 STEP3: この本を利用してCSSを書く練習を行います。 marginやpadding、borderなどのショートハンドラの利用が可能なプロパティを、 先ずはショートハンドラを利用せず書く→ショートハンドラを利用した書き方で書くといった工程を繰り返すことで、各プロパティのショートハンドラを覚えることができると思います。 STEP4: Node.js製のタスクランナーであるGulpを利用したコーディング方法がハンズオン形式で学べます。 また、CSSの設計にはBEMをベースにしたものを採用しているため、 Web制作者のためのCSS設計の教科書をSTEP4に入る前に読んでおくことをおすすめします。